らーろく2

ヒビマワル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特にネタもないようなので、保守がてら私のテーブルだけが不幸だった話でも…

腹筋が痛くなるほど笑ったとき Part77より

900 名前:愛と死の名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/29(水) 16:57:55
特にネタもないようなので、保守がてら私のテーブルだけが不幸だった話でも…

友人の結婚式に出た時の話です
人数の関係で、私たち大学時代の友人3名は新郎側の男友達4名と同じテーブルに座りました
式は普通だったのですが、突然、友人A子の隣に座っていた眼鏡をかけてボサボサな髪をした男の人Bさんが
「うわっ・・」とそこそこ大きい声を出した後、チラチラっとこっちをみて
「いや、なんでもない・・・なんでもないんだ・・」と芝居がかった仕草でいいました。
しばらくするとまたもBさbが「ヤバイな・・・」とか「むうっ」とか独り言を言い出し、
彼の隣にいたCさんが「お前いい加減にしろよ」と声をかけると
Bが「スマン・・・ただ・・・いや、なんでもない・・・今日はやめておくよ・・・ふぅ」とまたも妙に芝居がかったことをしていた。

雑談の時間がきて、A子が気になったのかBさんに
「さっき何かあったんですか?」と聞くとBさんは「え・・・?気付いてたの?いや、ごめんね。抑えられなくて。
実は僕・・・・霊能力があって、この部屋にいる悪霊の塊というか・・悪意の塊に気おされて(以下略)」
私もA子も呆然。
「派・・・はぁ。そうなんですか・・・」ととにかくその話を切り上げようとしたんだけど
Bさんは何故か調子に乗って「君の肩には凄く綺麗な守護霊がいて・・」と霊を持ち出してA子を口説こうとした。
Cさんが「お前、またそんなこと言って・・」と止めてくれるまで延々とA子を困らせていた。

その後もA子の気をひくためにか「ぬぅ・・・あの隅にもいるな・・・あ。すみません。気にしないでください。僕が抑えますんで」とか
「ふんっ!!!・・・・ふっ・・散ったな・・・」とか、こっちが笑いを堪えるのが必死な演技を繰り返していた。
私もA子ももう一人の友人も、何度も笑いを堪えて腹筋がつりそうになり、途中で席を立ちトイレで大爆笑したときもあった。

・・・書いてて思ったけど、そんなに不幸じゃなかった。うん。
ただ、あまりにもインパクトが強すぎて、彼以外なんの印象も残らなかった結婚式ではあった。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


結局、面白い余興があって良かったじゃないかw
【2009/08/01 20:48】 URL | ナナシ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://raroku2.blog15.fc2.com/tb.php/4327-480e3a67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
楽天

最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ全記事表示
アクセスカウンタ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。