らーろく2

ヒビマワル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校時代、私は教室の窓辺に置いてある花の世話をするのがちょっとした日課だった。

萌えるコピペのガイドライン 19萌より

392 名前:彼氏いる歴774日[sage] 投稿日:2009/01/18(日) 23:22:20 ID:aMZymQcQ
高校時代、私は教室の窓辺に置いてある花の世話をするのがちょっとした日課だった。
根暗喪だし誰にも気付いてもらってなかったけど、まあただの自己満だし…ってことであんまり気にしてなかった。
うちの学校は新入生歓迎会のレクリエーションの時、ビンゴ大会をやるのが伝統。
景品はちょっとしたお菓子の詰め合わせなんかで、リア充女子がメインでにぎわってた。
リア充中心だから、私みたいな喪はあんまり楽しめないイベントだった。

クラスメイトの中で一番最初に、ある女の子(あんまり喋った事ない、挨拶くらい)がビンゴに当たった。
お菓子の詰め合わせを持って嬉しそうにして周りのリア充友に自慢してたりした。
いいなって思いながら私は一人ぽつんとビンゴの数字を読み上げる声を聞いてた。

しばらくそんな風にすごしていたら、その子にぽんと肩を叩かれてポッキーの袋を渡された。
最初は戸惑って断ったものの無理やり袋を握らされるような形で受け取った。
その子はそんな私の様子を見て少し照れくさそうにしながら、
「いつもお花ありがとう」
って言ってくれた。
その子の周りの友達もポカンとして私をみてた。
まさか私が花の世話をしてる事を知ってるとは思わなくて、
吃驚しちゃってあんまり大きな声でお礼を言えなかったけど、彼女はにっこり笑ってくれた。

おいしかったなあ・・・あのポッキー。
それが高校生活3年間最高の思い出でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://raroku2.blog15.fc2.com/tb.php/4533-11efc89f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
楽天

最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ全記事表示
アクセスカウンタ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。