らーろく2

ヒビマワル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャップに和んだので投下

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(84)より

718 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/12/26(土) 02:37:51
ギャップに和んだので投下


駅で電車を待っていたら、少し離れた所で同じく電車待ち中らしい女性三人が何やら揉め出した。
というかギャーギャー騒いでるのはその内の化粧の濃いおばさん一人だけ。
どうも買う切符を間違えたとか何とかで
「自分の切符とあんた達の切符を取り替えろ」と見ず知らずの母娘に迫っているようだった。
お母さんが困り顔で必死に断っている中、唖然としながら娘さんが知り合いかとお母さんに確認を取る。
当然首は横に振られた。
その間も厚化粧ババァはやれ私は困ってるから助けろだのあんたはもう一回買いに行けばいいでしょだの喚いてて、
とうとうお母さんの手から切符が奪われてしまった。
にやにやしながら「最初から大人しく寄越せば良かったのよ」とかババァが言った瞬間娘さんが動いた。
切符を奪い返してそのままひらひら地面に落として、ブーツでガッと踏んで腕組んで一言。

「拾え」

娘さん、身長高めでモデル体形。真っ黒なかっこいいロングコートを着てたんだけど
良すぎる位のタイミングで風が吹いていい感じに裾ばっさばっさはためいてるし物凄い迫力だった。
夜叉とか鬼武者とか、何かそういうのに見えた。効果音で言うとドーン。
ババァは金魚→赤面→発狂。もうふじことしか変換出来ないファビョりっぷり。

「何すんのよふじこ何様ふじこ!」
「何様はお前だ!」
「生意気ふじこ!」
「黙れ恥知らずが!」
「ふじこ!ふじこふじこ!」


719 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/12/26(土) 02:38:48
長すぎって言われた、続き


本当に申し訳なかったんだけど、この辺りになるまで私はぼけっと見てただけ。
意味が分からなかったんだよ。自分で買いに行けよって話だし…基地外に遭遇すると時間止まるねマジで。
慌てて駅員さん呼びに行ったらもう既に呼んだ方がいたみたいで制服を着たお兄さんが走ってきた。
それを見たババァ、捨て台詞叫びながら逃亡。

「覚えてなさいよおおお!」
「3秒で忘れてくれるわああああ!」

さくっと叫び返した娘さんはお母さんに向き直って、さらに言った。

「……怖かった…何だあれ意味わかんないUMAなの…?」

娘さんちょっと涙目だった。
駅員さんや周りの人達に謝り倒した後
踏んでた切符拾ってコートのポケットから取り出した切符と交換してからお母さんに渡してた。
惚れた。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://raroku2.blog15.fc2.com/tb.php/5491-c8df1fb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
楽天

最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ全記事表示
アクセスカウンタ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。