らーろく2

ヒビマワル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸時代の閉伊地方(岩手県東部)は貧しい土地であり3年に一度は飢饉が起こってい

From 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(88)
610 名前:名無しって呼んでいいか? [sage]: 2010/05/31(月) 00:41:15 ID:???
江戸時代の閉伊地方(岩手県東部)は貧しい土地であり3年に一度は飢饉が起こっていた
その上内陸とは貧弱な道でかろうじでつながっている程度、
毎年のように犠牲者が出た上に一度洪水が起これば道が寸断され通行出来ず
洪水で凶作が起こればたちまち物流が途絶え餓死者が続出した陸の孤島である

牧庵鞭牛はそんな閉伊地方で住職をしていた
村民のそばにいるべきだと考え奥まった場所にあった寺を
道に面した場所に移築し村民との交流を増やすなど民衆想いの人物であった

宝暦5年(1755年)、閉伊地方を大飢饉が襲った
宝暦の飢饉として記録に残る大飢饉である
例によって道が寸断され飢餓に喘ぐ民衆たち
甚大な被害の大きさを目の当たりにした鞭牛は内陸と道をつなぐ事を決意する
物流があれば飢饉も緩和されると考えたのである
鞭牛46歳の時であった

のみやげんのう、つるはしなど基本的な道具を使いたった一人道を作る鞭牛
そんな鞭牛を「和尚の遊びか。三日続くまい。」と村人は冷やかに見ていた
しかし鞭牛は風雨をものともせず大きな固い岩を一人で砕き日々黙々と作業を続けた
そんな鞭牛の姿に共感した村人達が次第に道路開削を手伝うようになっていた
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://raroku2.blog15.fc2.com/tb.php/6114-a24c12a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
楽天

最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ全記事表示
アクセスカウンタ
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。